2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2013.07.30 (Tue)

長岡まつりに行く前に必ず読んでもらいたい!

昭和20年8月1日、長岡市上空に125機のB29が来襲し、焼夷弾による大規模な爆撃を行い、旧市街地のほとんどは焦土となりました。そして1484名余の方がお亡くなりになりました。
ご存じの方も多いと思いますが、長岡まつりの起源は、この長岡空襲から1年後の昭和21年8月1日に開催された「長岡戦災復興祭」にあります。そして、昭和22年の第2回長岡戦災復興祭で、戦後初めての花火大会が開催されました。

長岡戦災復興祭は、当時長岡商工会議所を改組した新潟県商工経済会中越支部が主催して行われました。同会支部長であった駒形十吉氏(第4代長岡商工会議所会頭)が、開会に際して寄せた挨拶文を以下に掲載します。

長岡まつりに行かれる前に必ず読んでいただきたい文章です。
この文章がある限り、どんな困難にも打ち勝っていく自信があります!!
それが長岡人の魂です。

--------------------------------------
昭和二〇年八月一日午後一〇時二六分、焼夷弾洗礼の瞬間、思い出してもゾッとする忌
わしき日、あれから早くも一年の月日は流れた。此の日倒れられた人約一三〇〇名、焼
失家屋一万二〇〇〇戸、これだけの大きな傷手を背負って此の一年間長岡市民は本当に
七転八倒の苦しみを味わって来た。
私共は今日其の一周年記念日を迎えて先ず犠牲者の身の上に思いを馳せ、その御冥福を
祈る真情切々たるものを覚ゆると共に、更に遠く明治維新戦災焦土の情況をも聞き伝え
に想起して、今後復興の為如何に善処すべきかと日夜痛心措かざるものである。
資材、資金、労力、技術、食糧等万事が極めて悪条件の中を、市民は真に悪戦苦闘して
復興に努力し、伝統のネバリを発揮して来た。今の所当市の復興振りは全国有数であ
り、此の点誠に心強い限りであるが、裏面は血の苦しみを味わいつつあると言っても過
言ではない。
此の茨の道を克服して進む為に私共は此の日を復興の為の意義ある記念日とし一段の奮
起精進を誓い、以て犠牲者の霊を慰めたいと考える。更に又私共は一層住み良い新長
岡、理想郷長岡建設の為に戦時中解体せられた個人各商店横の連結を復活せしめ商都長
岡の団結の力を発揮したいと考える。
そして大いに頑張ろう。維新先輩の努力を噛みしめて進もう。以上の趣旨を以て茲に戦
災一周年の記念日をトして敢て復興祭の式典を設け附随的に各種の行事を取り行うこと
にした。
冀くば参列各位の絶大なる御支援を賜わらんことを、一言以て開会の御挨拶と致しま
す。
--------------------------------------
10:19  |  商売繁盛コラム  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://imaishintaro.blog113.fc2.com/tb.php/76-352e3572

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |