2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2012.05.01 (Tue)

フェイスブック活用の本質

還暦を過ぎた母がフェイスブックを始めました。
全く乗り気でない母でしたが、私が半ば強引的に登録させスタートしました。
まず友達登録したのが、母の兄と私。中々会う機会のない兄の様子がわかるのが
楽しいらしく毎日のようにチェックをしているようです。
私の活動に対してあまり理解がなかった母ですが、フェイスブックを始めてから、
何だか会うたびに私を気遣ってくれ、応援してくれるようになりました。

母は投稿を全くしません。「いいね!」ボタンも押しません。
でもフェイスブックを見ているだけで、間違いなく私も含めた友達と
のコミュニケーションが円滑になっています。

フェイスブック活用というと、我々ビジネスパーソンは、
「情報発信と拡散」ということに重きを置きがちです。
もちろんそれは、フェイスブックの核となるものです。
でも、フェイスブック活用の本質は、
「相手を知ること」にあると最近私は思います。

例えば、美容室での活用を考えてみましょう。
お客様とフェイスブックで繋がれば、お店に来店した時以外でも
お客様とネットを通じてコミュニケーションを取ることができます。
コミュニケーション頻度を上げることで
他のお店に「浮気」されにくくなることはお分かりいただけると思います。

さらに、お客様の行動や趣味・嗜好を知ることで、
次回来店いただいた際のコミュニケーションの質が以前とは
全く違ったものになるでしょう。
「先週末、○○のコンサートに行かれた様子がフェイスブックにUPされていましたね。
他にどんなアーティストが好きなんですか?」
「お子様の可愛い写真がUPされていましたね!お母さん似ですよね~」といった感じに・・・。

営業マンでも、お客様を訪問する前にお客様のタイムライン(投稿)
をチェックして商談に臨めば、会話が弾み商談が円滑にいくでしょう。

『顧客は、あなたの会社にも、あなたの商品にも、あなた自身にも
全く興味はない。興味があるのは、自分自身のことだけだ。』

営業のカリスマ 吉野真由美氏の言葉です。
もっともっとお客様のことを知るツールとして、フェイスブックを活用
してみてはいかがでしょうか?
        
今井 進太郎
コマスマーケティング(株)代表取締役
トキっ子くらぶ 代表
中小企業診断士/1級販売士

------------------------------------------------------------------------------------
私が講師を務める「新潟マーケティング大学」フェイスブックページで今日から使える
商売繁盛のヒントやセミナー情報を配信しています!
私が編集している「マーケティングの至言」や「今井進太郎のつぶやき」のコーナー
是非チェックしてください。
http://www.facebook.com/niigata.marketing.college
------------------------------------------------------------------------------------
16:07  |  商売繁盛コラム  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://imaishintaro.blog113.fc2.com/tb.php/57-402a1bc6

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |