2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2010.03.31 (Wed)

どんな感情を抱かせたいか?

 先日ご縁があって、新潟商業高校の生徒さん向けに講演をする機会をいただきました。1年生の生徒に対し、「商業・商店街の活性化」をテーマに話をしてほしいとのご依頼でした。依頼をいただいた時、「高校1年生向けに商売の話!?いったい何を話せばいいのだろう?」と正直思いました。みなさんだったら、上記のテーマで話をお願いされた場合、どのような話をしようと思いますか?

 私自身、講演・セミナー、執筆、企画書作成・プレゼンテーション、広告制作など、様々な場面で、その内容をどのように構成していくか考えることがあります。「いったいどこから手を付けていいかわからない」と内容に悩むことも多くあります。そんな時、私は自分自身にある質問をします。
 
 「聞き手・読み手にどんな感情を抱かせたいか?」

 今回の講演の内容を考える際にも、同じ質問をしました。自分に対してだけでなく、講演の企画担当の先生にも、この質問をしました。その結果、私たちは講演を通じて、生徒さんに対して、「商売って楽しい!」「商売ってワクワクする!」といった感情を抱かせたいことがわかりました。
 そこで、演題は、『商売ってこんなに楽しい!商売が地域社会を元気にする!!』とし、内容は、高校生にも商売の魅力や楽しさがわかりやすく伝わるようなものを多く取り入れました。例えば、商品説明の仕方や数字の見せ方によって売上が左右されることや、高校生に身近な携帯電話を使ってお店の来店促進やファン作りをしている事例を紹介しました。
 結果、生徒さんから「商売に対しての興味や関心が深まった。」「商売はやりがいのある仕事だと思った。」など、うれしい感想を多くいただきました。

 「聞き手・読み手にどんな感情を抱かせたいか?」という質問は、仕事のいろいろな場面に使えます。

チラシなどの広告・販促物を作る際には、
「この広告を通して、お客様・見込客にどんな感情を抱かせたいか?」
という質問をします。
 「品揃えが豊富そうだなぁ・・・」「すごいお得そうだなぁ・・・」「サービスが良さそうだなぁ・・・」など抱かせたい感情は違うはずです。その感情を明確にできれば、キャッチコピーや内容を固めることができ、一貫性のある広告物を作ることができます。

ホームページを作る際には、
「このホームページを通して、お客様・見込客にどんな感情を抱かせたいか?」
を考えます。
「信頼できそうな会社だなぁ・・・」「なんだか面白そうな会社だなぁ・・・」「活気のある会社だなぁ・・・」など、抱かせたい感情に応じて、デザインやコンテンツを考えれば、アクセス数や問い合わせなどの反応率はあがってくるでしょう。

企画書や報告書を書く時も同じです。
「この企画書・報告書を通して、読み手にどんな感情を抱かせたいか?」
を考えます。
 上司の方は、的を射ず、わかりにくい報告書が部下からあがってきたら、こう聞きます。
「あなたは、この報告書を通して、私にどんな感情を抱かせたいのですか?」
 
 相手に伝わるプレゼンや文章を作るためには、もう一つ重要な質問があります。
「聞き手・読み手がどのようなことに興味・関心があるか?」です。
 冒頭の講演でいえば、相手は高校1年生。世代の全く違う彼らが、どのようなことに興味・関心があるかを考えて、話をする必要があります。今回は、バレンタインデーと商売を絡めて話をしたり、恋愛とマーケティングの共通点を力説したりして、高校生の興味を引こうと頑張りました!!(ちょっとすべっていたかも。。)

ところで、このコラムも皆様にどのような感情を持ってもらいたいかを常に意識して書いています。
「楽しい!」「わかりやすい!」「簡単に実践できて役に立つ!」
 いかがでしょうか??

-------------------------------------------------------------------------
今井 進太郎
コマスマーケティング(株)代表取締役
トキっ子くらぶ 代表
中小企業診断士/1級販売士

★嬉しい感想をお聞かせください!
TEL:080-3507-2930
FAX:025-378-6835

20100331_20100324120042.jpg
悠太郎に「やきもち」の感情を抱かせ
いじめられる なっちゃん・・・
00:00  |  商売繁盛コラム  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://imaishintaro.blog113.fc2.com/tb.php/30-aac1048a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |