2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2008.03.31 (Mon)

パパ力(ぢから)のUPで業績もUP!?

突然ですが、問題です!
問1.2005年にベネッセ次世代育成研究所が行った首都圏の父親を対象にしたアンケート結果によると、0歳児の父親のおよそ何%が出産の立会いを経験しているでしょうか?
①22%   ②36%   ③56%   ④66% 

問2.赤ちゃんが熱湯やアイロン、ストーブ等で軽度のやけどを起こした場合の応急的な措置とし
て正しくないものは以下のうち、どれでしょうか?
①味噌を塗る ②水道などの流水で患部を冷やす ③アロエを塗る ④ぬるい食塩水につける

(解答はページの下にあります。)



 これは、3月16日(日)に行なわれた第1回 子育てパパ力(ぢから)検定(通称:パパ検)で出題された問題です。パパ検は、育児に取り組む父親に対して、育児に関する全般的な知識を問うことで、父親の子育てに対する意識の転換を促すことを狙いとして開催されました。東京や大阪など全国7カ所で実施され、約1000人が受検。新潟では、我々トキっ子くらぶが主催し、新潟会場で46名、長岡会場で21名の熱いパパ達が集結しました。当日の様子は、全国で多くのメディアに取り上げていただき、その注目の高さを感じました。社会的にワーク・ライフ・バランス(仕事と家庭の調和)が叫ばれるようになり、子育てに積極的に取り組む父親が増えてきています。そう、「パパの子育て」は今最も注目すべき時流の一つなのです。


ちょっとちょっと、このコラムは「商売繁盛コラム」でしょ?パパの子育てと商売繁盛の何が関係あるの?子育てに一生懸命でも、仕事をおろそかにされたら経営者はたまったものじゃないよ!!いえいえ、パパが子育てに積極的に取り組むこと、また、企業がそれをバックアップすることは、企業にとってもメリットが大きいのです。次ページで、そのメリットを3つご説明します。

① 仕事の段取力がUPし、業務の効率化が図れる
育児・家事には、段取力が重要です(妻談)。子どもが一人で遊んでいる間に洗濯を回し、掃除をして、子どもが昼寝をしている間に洗濯を干して、夕食の下ごしらえをして。。そのスケジュールは、まさに分刻み。いかに段取りよく育児と家事をこなすか、そのスキル・ノウハウは目を見張るものがあります。パパが育児を通じて、この段取力を身につけ、仕事に応用すれば、業務効率は格段にUPするでしょう。

② 残業が少なくなり、残業代が削減できる
子育てに積極的に取り組めば取り組むほど、子どもが可愛くなります(間違いなしです!)。そうすると、「今晩は子どもと一緒に夕食を食べよう!」「お風呂で一緒に遊ぶぞ~」と思うようになり、定時であがれるように業務を工夫するようになります。このことは、業務効率の向上はもちろん、ムダな残業代の削減につながります。

③ 主婦層の人材を獲得しやすくなる
近年、若年層を中心とした労働力不足や団塊世代の大量退職により、思うような人材を獲得できない、採用活動に多大なコストがかかっているという企業は多いのではないでしょうか?そこで注目されているのが、子育て中、または子育てが一段落した主婦の方々の取り込みです。経営幹部や人事担当者が、子育てに理解のあるパパだったら・・・主婦層をターゲットとした採用戦略の企画立案はお手の物でしょう。
(トキっ子くらぶでは、主婦の方を積極的に採用したい企業様を集めた求人サイトを展開しているので、求人でお困りの方は弊社担当者まで!)

 最近、大企業を中心に子育て世帯が働きやすい環境づくりに積極的に取り組む企業が増えてきています。その背景には、CSR(企業の社会的責任)もありますが、優秀な人材の確保や社員の能力向上という狙いもあります。さあ、社内のパパたちを集めて、パパ力をどうやって経営に活かすか、真剣に議論してみませんか?


今井 進太郎
コマスマーケティング(株)代表取締役
トキっ子くらぶ 代表
中小企業診断士/1級販売士

今井進太郎の商売繁盛ブログ0803
パパ検は、マークシート問題だけで、残念ながら実技試験はなし。
ということで、家で「飛行機ブーン」の実技試験。
悠太郎が笑ったので合格!!

解答:問1-③ 問2-①
09:00  |  商売繁盛コラム  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |