2012年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2012.07.25 (Wed)

いちばん共感を集めたネタ

フェイスブックを本格的に初めて1年ちょっと経ちますが、七夕の夜にある記録を更新しました。それは、自分の投稿に対する最多「いいね!」記録です。フェイスブックでは、投稿に対し、共感すると「いいね!」というボタンを押して交流を図ります。つまり、「いいね!」の数は、どれだけ多くの方が自分の投稿に共感してくれたかを示す数値です。

その投稿は、写真付きの投稿です。164件の「いいね!」をいただきました。
どんな投稿だったかと言うと、

『お客様の会社で社内研修の講師。その後、バーベキュー大会にご一緒させていただきました。そして、たくさんビールをいただきました。
七夕の夜、今井病院に運び込まれたお父さん。診断結果は「ただの酔っ払い」・・・』

今井病院2


結構、真面目な情報やお役に立つ情報を投稿しているのですが、一番共感を得たのは、私の醜態・・・というこの事実、一体どう受け止めればよいのでしょうか・・・。

後日、フェイスブックをやっているお客様とお会いした際に、「いや~、今井病院のネタ、良かったよ。今井さん、親近感持てたわ~。」「今井さんもあんな風になる時あるんだね。なんだか好感持てるな~。」といった多くの声をいただきました。

そう、自分のプライベートや弱みを開示したことで、親近感や好感を持っていただけたのでした。これは心理学の世界で、「自己開示」という言葉で説明されます。
自己開示とは、「自分自身に関するプライベートな情報や思想、考え、姿勢などを自分の意志で他者に対して伝達すること」で、相手の個人情報を得るたびに相手に対する好感度が増すという実験結果もあります。

お客様に対して自己開示をすると好感度が増し親近感を持ってもらい、ビジネスの距離感がぐっと近くなります。人は知らない人よりも知っている人から商品やサービスを買いたくなりますよね。

自己開示をする場所としては、フェイスブックだけでなく、名刺、会話、ブログ・ツイッター・、ニュースレター・メルマガなどたくさんの機会があります。趣味や家族の話など、自分のプライベートや考えを積極的に開示されてはいかがでしょうか?

ただ、毎回酔っ払いのネタでは、信頼が落ちるだけなので、自己開示の量には注意してくださいね・・・。


今井 進太郎
コマスマーケティング(株)代表取締役
トキっ子くらぶ 代表
中小企業診断士/1級販売士

------------------------------------------------------------------------------------
私が講師を務める「新潟マーケティング大学」フェイスブックページで今日から使える
商売繁盛のヒントやセミナー情報を配信しています!
私が編集している「マーケティングの至言」や「今井進太郎のつぶやき」のコーナー
是非チェックしてください。
http://www.facebook.com/niigata.marketing.college
------------------------------------------------------------------------------------
06:45  |  商売繁盛コラム  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |